看護師の職は特殊な仕事と認識される

薄毛治療か子供が先か。 私は26の女です。 もともと髪の量は少なめで細く猫毛です…
薄毛治療か子供が先か。 私は26の女です。 もともと髪の量は少なめで細く猫毛ですが、1年前くらいから頭皮が見え髪のボリュームもなくなり薄毛が気になりだしました。 皮膚科や内分泌 科などで見てもらいましたが、女性の薄毛の薬はないといわれてしまいました。 今はクリニックでミノキシジル2%(女性用の外用液)を2ヶ月ほど前から使用してます。 まだ2ヶ月だからなのか、効果は実感できていません。まだしばらく使ってみようかと思っているのですが、私は結婚しており、子供も欲しいです。 ミノキシジルを使ってる間は妊娠してはだめだと言われているので今は薄毛改善を優先しているのですが、もしこのまま髪の改善もなく、子供を作るタイミングも失ってしまったらどうしよう。と、最近悩んでます。 いつ改善されるかわからないですが髪のことを優先するか、 子供が欲しいからミノキシジルの使用はやめ、先に子供ができるのを待つか、いますごく悩んでいます。 妊娠、出産したら抜け毛も増えるときいたのでそれも不安です。泣 まとまりのない文章ですが、同じような悩みの方や、同じような経験をされた方、自分だったらどうするかなど沢山の方の話が聞きたいです(>_<)泣 よろしくおねがいします。(続きを読む)

脱毛症 – Wikipedia
脱毛症(だつもうしょう)、または抜け毛(ぬけげ)とは、本人が生えることを期待していた
毛髪(主に過去に生えていた箇所の毛)が生えなくなった状態、あるいは抜けてしまった
状態のことである。通俗的には禿げ(はげ)と言われる。生理学的には、ヒトの頭髪の
形状は年齢や個々人の個性により多様であり、こうあらねばならないという正解がある
わけではない。医学的には、毛密度が生来の50%以下に低下した場合を指し、他人
から見ても目立つ場合が多いとされる。最近では女性のレーザー脱毛と混同されること
から、薄毛 …(続きを読む)

看護師の職は特殊な仕事と認識されることが多いですが、他の仕事と同様に、労働組合がないと雇用条件において不利になることも生じて、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。看護師というものはストライキをすることも難しく、雇う側の立場の人間が、きちんとした配慮を行うことが大事だというのは当然の事実です。

なぜ看護師をやるのかといわれたときに、よくいわれる動機の一つに年収が高いということがあります。

新卒の給料を見ても大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも収入が高めだといえるはずです。しかしながら、このようにして高収入を得ているのですから、自分の腕を磨いて、患者さんに返していかなければなりません。公務員と看護師を両立する方法は、勤務先を国公立の病院にすることです。

看護師は専門的な知識が求められ、長期間働ける仕事だという理由から勉強する人も多いのですが、公務員のメリットを生かす事も出来れば一層安定した職業になることは確実です。
公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、魅力的ですよね。看護師の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。

特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。
それに加えて外来勤務においては、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。

勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、病院によりますが、人気のある診療科や医師のいるところでは大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、対応には時間がかかるでしょう。
クレームが入ることもよくあります。

求められるスキルもどういった病院か、診療科はどこかによって違ってきます。

女性に人気の高い職業の一つ、看護師になるためには、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。

ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、ごく普通に勉強に取り組んできた学生とってみれば、たやすい部類に入るのではないでしょうか。
看護師を養成する学校というのは専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、この数年の様子をみると、看護学校よりも学ぶ範囲が広く、保健師や助産師といった資格取得にも役立つ4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、別段、看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。
とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。ところで看護師であるからには、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自身の身体に関しても状態を自覚したりできるようになります。看護師として、初めての病院で働きだそうとする際、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、100パーセント希望通りにしてくれるケースも多いですが、人事を担当する人の考えによって決定されることもあり得ます。望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという病院側の判断により、そこに配属になる事が多いのです。でももし、その配置に不満がやまないのなら直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。

誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。あの帽子というのは、晴れて看護師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。

そうはいっても、近年では少しずつ看護師の制服も変化してきており、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。単に髪の毛をまとめるためのものという奥行きのないものになってしまうこともちょっとさみしくも感じられますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。